組合の歴史 シャツの歴史 ファッション
1947年 東部カラー協会が結成された。 ナイロンシャツ登場
1950年 東京ワイシャツカラー協会に改組された。
1954年 東京ワイシャツカラー協会を改組し、東京ワイシャツ協同組合を創立、
事務所は日本橋浜町2丁目、泰道ビル内に置かれた。
1955年 繊維製品品質表示法が施行された。
三都ワイシャツ協議会が結成された。(東京・大阪・名古屋)
ナイロントリコットシャツ発売
1958年 テトロン(ポリエステル)・綿混紡のT/Cシャツが発売され、プレスマンシャツが人気を博した。 プレスマンシャツ発売
1960年 ワイシャツのJIS規格が制定された。
墨田区緑1-14-5の土地(現事務所所在地)210.73㎡を取得した。
カラーシャツブーム(カジュアル) スキーファッション流行
1963年 ワイシャツの多サイズ化が始まった。 多サイズ化始まる
高級綿シャツ開発
みゆき族
V A N アイビー族 平凡パンチ
1965年 組合新事務所が現住所に竣工、移転した。
パーマネントプレスシャツが開発された。
ストレッチシャツ発売
パーマネントプレスシャツ発売
ミリタリールック
モッズルック流行
1967年 大阪ワイシャツ商工協同組合が創立された。
日本チェーンストア協会が創立された。
SR加工シャツ発売
ピーコック革命
ミニスカート
1968年 名古屋ワイシャツ協同組合が創立された。
日本ワイシャツ組合連合会が結成された。
カラーシャツキャンペーン始まる
1969年 ワイシャツの絵表示が実施された。 ボディーシャツ登場 ヒッピースタイル
1970年 労働省の技能検定制度(国家検定)にワイシャツが職種指定を受け検定委員が任命された。 ポロシャツ登場
ロングカラーに巾広ネクタイ流行
ジーンズ、T シャツ人気
1971年 第1回の技能検定が実施され、1級合格者には労働大臣、2級合格者には東京都知事より合格証書と技能士章が授与された。
家内労働法により東京都の家内労働者に対する、ワイシャツの縫製、穴ボタン、仕上げの最低加工賃が制定施行された。
ニットシャツ発売
ワンポイントシャツ人気
プリントシャツ人気
アメカジ人気
アンノン族
1975年 日本ワイシャツ組合連合会として〔ワイシャツの統一標準寸法〕が制定された。(これは業界として画期的な事業であった。) ジーンズファッション
1978年 社員教育、得意先販売員教育に資するため、日本ワイシャツ組合連合会で「シャツ読本」を編纂し、組合員に配布した。 パスポートシャツ、クールウェイシャツ発売
シャツ読本(「シャツの知識」の前身)発刊
ダウンベスト ポパイ創刊
ハマトラ
1979年 TYAニュース・第1号を広報紙として発刊した。
日本ワイシャツ組合連合会のシンボルマークとしてJASAマークが制定された。
第1回シャツの日キャンペーンが華々しく展開された。
シャツの日キャンペーン始まる
省エネルック提唱
1980年 東京都中小企業団体中央会に加盟した。
東京商工会議所墨田支部に加盟した。
トップヒューズ芯普及 竹の子族
DCブランド
1982年 シャツの日キャンペーンの抽選により、当選者のエジプト・エーゲ海招待旅行が実施された。 デザイナーブランドによるルーズシルエットのソフトシャツ登場 クリスタル族
ボディコン
1984年 組合創立30周年記念式典(協同組合創立より)を東実健保会館に於て開催。
記念誌「東京ワイシャツ業界の歩み」を刊行配布した。
1986年 ルーミーシャツ定着 メンズDC全盛
1987年 日本ワイシャツ組合連合会では「商取引憲章」及び「取引改善指針」を制定作成し、関係団体に配布した。又百貨店協会と懇談会を開催し上記「憲章」・「改善指針」の主旨を説明した。
TYAニュース・100記念号が発刊された。
綿100%のソフトな白シャツが人気
テンセル人気
インポート、クチュールブランド人気
渋カジ
1988年 東京都地場産業振興計画の初年度事業が開始され、新商品・新技術開発部会は、オーダーシャツ2万5千人の寸法調査資料を作成、大学生千人の身体計測を実施。商業洗濯によるクレーム防止対策を実施。需要開拓部会は、CIの確立を目指し「made in TOKYO」のシンボルマークを作成。人材養成部会は「営業担当者研修会」・「企画担当者研修会」を開催した。
「シャツ読本」を「シャツの知識」と改め、改訂版を編纂し、有償で配布した。(日本ワイシャツ組合連合会)
組合青年部を結成、発足した。
1989年 シャツの日キャンペーンがテレビ東京で放映された。
東京都地場産業振興対策事業第2年度を計画の通り実施した。
JI S規格の衣料寸法を改正するためのサイズ改訂委員会が発足検討を開始した。
1990年 新合繊素材開発 紺ブレ、トラッド復活
1992年 ワイシャツのJIS規格が改正された。これに伴い、日本ワイシャツ組合連合会の、統一寸法及び許容差等が改正された。
1993年 従来品より家庭洗濯を容易にするための、ノーアイロンシャツが紡績各社で開発され、組合員により販売が開始された。
40周年記念事業の一環として、組合事務所・会議室の部分修理を行った。日本ワイシャツ組合連合会の事業として「シャツの知識」を改訂編纂し、組合員に配付した。
形態安定シャツ発売 フレンチカジュアル
ストリート、スポーツファッション
1995年 繊維企業におけるPL(製造物責任)法が7月1日施行された。
TYAニュース200記念号が発刊された。
フライデーカジュアルブーム セクシーカジュアル
1996年 JIS L 4004 (成人男子用衣料のサイズ)が6月1日改正された。
形態安定加工シャツの基準作りについて、形態安定加工製品委員会設置。
1997年 日本ワイシャツ組合連合会は、「JASA品質表示者番号登録制度」を実施。 シルエットがスリムに
2000年 「容器包装リサイクル法」が4月施行された。 ドゥエ・ポットーニシャツ登場
2001年 東京ワイシャツ協同組合、大阪ワイシャツ協同組合及び名古屋ワイシャツ協同組合の3団体が大同団結し、協同組合日本シャツアパレル協会として、平成13年11月全国組織化した。
2003年 「シャツの知識」改訂第5版、3月発行。 ワンピースカラー流行
ハイテク機能シャツ登場
2004年 「容器包装識別表示の義務化」が4月施行。
2005年 「消費税に係る総額表示の義務化」が4月施行。
環境省が省エネ、CO2削減の目的から6月1日「クールビス」運動が脚光浴びる。
環境省クールビズ発表、クールビズ対応シャツ人気
環境省ウォームビズ発表
セレブファッション
2006年 クールビズ対応でシャツのバリエーションが広がる
2007年 改正「容器包装リサイクル法」が4月施行された。
2008年 「シャツの知識」改訂第6版、5月発行。 大型ショッピングセンターの台頭
・越谷レイクタウンオープン
・H&M 一号店
2009年 ファストファッション
2011年 一般社団法人繊維評価技術協議会「JIS開発事業(繊維製品の取扱いに関する表示記号及び洗濯試験方法に関するJIS開発)委員会」の委員となる。
2012年 スーパークールビズ
2013年 七分袖ワイシャツ
2014年 一般社団法人繊維評価技術協議会「形態安定繊維製品及び防透け性繊維製品に関する高機能JIS開発委員会」の委員となる。 ニットドレスシャツ
2015年 一般社団法人繊維評価技術協議会「紫外線遮へい繊維製品及び光吸収発熱繊維製品に関する標準化委員会」の委員となる。 超形態安定ワイシャツ
2016年 JIS L 0001繊維製品の取扱い表示改定及び当協会の「ワイシャツ取扱い表示統一基準」を12月作成。
「シャツの知識」改訂第7版、12月発行。
2017年 「家庭用品品質表示法に係る府令及び告示」4月施行。
国家試験「布はく縫製職種(ワイシャツ製造作業)」基準書作成、6月承認。
「技能実習法に基づく新たな外国人技能実習制度」11月施行。
JIS L 1924 「形態安定加工ワイシャツ試験方法及び評価基準」12月制定。
JIS L 1923 「繊維製品の防透け性評価方法」12月制定。
2018年 経済産業省及び日本繊維産業連盟を事務局とし、「繊維産業技能実習事業協議会」が設置され、構成員となる。
「繊維産業における外国人技能実習の適正な実施等のための取組」決定。
国家検定である「布はく縫製(ワイシャツ製造作業)」の中央技能検定委員3名推薦・就任。
2019年 11月、組合ホームページを開設。
2020年 日本シャツアパレル協会は、毎年6月の第1日曜日を「夏シャツの日」と制定。

一般社団法人繊維評価技術協議会「繊維製品の形態安定性に係る画像解析試験方法に関するJIS開発」及び「繊維製品の取扱いに関する表示記号等に関するJIS開発」の委員となる。

2021年 中央職業能力開発協会より、永年にわたり、職業能力開発・技能検定事業の普及・推進・技術者の育成に貢献し、技能検定事業の発展に寄与したことが認められ、表彰される。